アーティストメッセージ(10)〜大谷康子(ヴァイオリン)

C)Masashige Ogata

音楽ファンのみなさまへ

 世界中が大変な状況になりました。みなさまも毎日つらいお気持ちで日々心配しながらお過ごしになっていらっしゃることと思います。
 見えない敵…怖いウイルスです。

 ベートーヴェンは人類愛、友愛を歌い上げました。ベートーヴェン生誕250年の時にこの危機。世界中ケンカなんかしている場合ではないですよね。

 私のコンサートもすべて延期、中止ですから舞台で演奏する機会はありません。唯一毎週のテレビ番組(〈おんがく交差点〉BSテレ東 土曜朝8時)で、演奏を聴いていただけるので、「世の中から音楽が消えかけている中で、聴けてよかった」とよくおっしゃっていただけます。

 普段は文化芸術、エンターテインメントは身近にあって、あたりまえのように楽しんでいました。いざ消えてみると、その分野がいかに人の心の深いところを支えていたか…あらためて気づきます。

 この状況が収束したあとも、社会状況が一変するかもしれないということがよく言われます。ITを中心としたコンサート、イベントなども確かに増えるでしょう。でもやはり〈生での演奏〉ほど、人の心の襞に沁み入り、心を揺さぶるものはないのではないでしょうか。

 またみなさまに感動していただけるためにも、私も今はほとんど家で、今後のコンサート企画を考えたり、勉強期間です。収束したら「あれを演奏したい、これも演奏しよう」と、夢を描いています。こういう時こそ自分のこともよく見えてきます。この期間に少しでも成長したいと思います。

 そして最前線で命を助けてくださっている医療関係者の方々、生活維持のために毎日お仕事してくださっている方々、逆にお仕事したくても制限されて我慢されている方々、学校に行きたくても叶わないこどもさんたち、みなさまに〈感謝〉して、グリーグ作曲「抒情小品集」より「感謝」をぜひ聴いていただきたいです。

 みなさま、どうぞくれぐれもお気をつけて、協力し合って乗り切りましょう!
 またコンサートでお会いしたいです。