第495回日経ミューズサロン アレッサンドロ・カルボナーレ クラリネット・リサイタル

世界的巨匠が絶賛する驚異の名技を堪能

 驚異的な超絶技巧で知られるクラリネット奏者、アレッサンドロ・カルボナーレが、再び日本公演を行う。イタリア生まれの彼は、フランス国立管等を経てサンタ・チェチーリア国立管の首席奏者を務める世界屈指の名手。一流オケとの協奏曲、世界各地でのリサイタル、アルゲリッチらとの室内楽やマスタークラスでも腕をふるっている。特に光るのは、彼に全幅の信頼を置いたアバドが指揮するモーツァルト管での活躍。中でもグラモフォンに録音したモーツァルトの協奏曲は、2013年度レコード・アカデミー賞を受賞するなど、強いインパクトを与えた。明るさとシックな香りを併せ持つ音色、破格のテクニックを駆使したその演奏は、優美かつ躍動的で、軽妙洒脱にして歌心満点。自在の奏法で聴く者を魅了する。

 今回のプログラムは、前半がサン=サーンスやドビュッシー等の名作、後半が速吹きに仰天必至のパスクッリ「蜂」やガーシュウィン等のエンタテインメント作品。ミラノ在住の個性派ピアニスト、黒田亜樹との息の合ったコラボで多彩な魅力を堪能させる。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2020年4月号より)


*新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、本公演は中止となりました。
詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。

2020.4/3(金)18:30 日経ホール
問:日経公演事務局03-5227-4227
http://www.nikkei-events.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]