高関 健(指揮) 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

最高の歌手陣とともに集大成として臨む《トスカ》


 常任指揮者の高関健とともに躍進する東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団が、3月定期演奏会でプッチーニの歌劇《トスカ》(演奏会形式)に挑む。東京シティ・フィルの演奏会形式上演のオペラといえば、2000年代に当時の常任指揮者(現 桂冠名誉指揮者)、飯守泰次郎の指揮で《ニーベルングの指環》全曲など数々のワーグナー作品を取り上げ、大きな話題を集めた。同楽団は最近も年に1回オペラに取り組むが、高関が「その集大成として選んだ」と語る《トスカ》は、マエストロにとって思い入れのある作品だ。
 桐朋学園大学卒業後、カラヤンのアシスタントを務めていたベルリン留学時代、カラヤン指揮ベルリン・フィルの《トスカ》に衝撃を受けたという。舞台が作られてなくても、プッチーニの音楽がもつ激しく厳しい情熱、オーケストラの精妙な響きや多彩な表現などストレートに訴えかけてきた。その体験は忘れ難く、今回満を持して取り組む。

 タイトルロールは世界的に活躍する木下美穂子、カヴァラドッシ役は小原啓楼、スカルピアの上江隼人、アンジェロッティの妻屋秀和ら、舞台経験豊富な、いま日本で《トスカ》を上演するのに最高の歌手たちが揃う。各幕の名アリアをはじめ、全編に溢れるプッチーニの甘美な旋律をドラマティックに歌い上げるだろう(合唱:東京シティ・フィル・コーア)。
 楽譜を緻密に分析し、常に新たな切り口を示してくれる高関。《トスカ》でも豪華かつ刺激的な演奏に期待が高まる。
文:柴辻純子
(ぶらあぼ2020年3月号より)


*新型コロナウイルスの感染症の拡大防止の観点から、本公演は延期となりました。(3/3主催者発表)
詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。

第332回 定期演奏会 
2020.3/14(土)14:00 東京オペラシティ コンサートホール
問:東京シティ・フィル チケットサービス03-5624-4002 
https://www.cityphil.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]