【SACD】メンデルスゾーン&ブラームス:ピアノ三重奏曲第1番/椿三重奏団

 グループ名に冠された「椿」の白い花のイメージの通り、たおやかな調べ。しかし、時には、凄みや骨太さすらも織り込んで、多層的な響きの世界を形創る。十年来の共演歴のある女性奏者たちが、満を持して結成したトリオのデビュー盤。粒立ちと流れの良さを両立させる、高橋多佳子の絶妙なバランス感覚と、礒絵里子の艶やかさ、新倉瞳の豊潤さが、三位一体に。メンデルスゾーンとブラームスのピアノ三重奏曲に現れ出でる、変幻自在な光と影を、繊細かつ巧みに掬い取り、作品の本質へと肉薄してゆく。そう、「白い椿」の花言葉の中には、「完璧な美しさ」もあるという。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2020年3月号より)

【information】
SACD『メンデルスゾーン&ブラームス:ピアノ三重奏曲第1番/椿三重奏団』

メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番/ブラームス:ピアノ三重奏曲第1番、ハンガリー舞曲第6番、ワルツ第15番/モンティ:チャルダーシュ

椿三重奏団
【高橋多佳子(ピアノ) 礒絵里子(ヴァイオリン) 新倉瞳(チェロ)】

アールアンフィニ
MECO-1057 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]