【CD】マーラー:交響曲第2番「復活」/佐渡裕&トーンキュンストラー管

 佐渡裕、交響曲第5番に次ぐトーンキュンストラー管とのマーラーは「復活」。オケの柔和な響きを十全に活かし、決して力ずくに叫ばない美しい演奏。しかしそこは佐渡、緩急に富んだテンポ設定―殊に両端楽章―でこの大曲を見通しよくダレずに聴かせることに成功している。より大向う受けを狙った「派手な」演奏はあるだろうが、最近の佐渡の成熟はここでそういう次元を突き抜けた演奏を提示しうる段階にまで達している。声楽陣も優秀で、特にメゾソプラノのクールマンの正確かつ情感に満ちた歌唱を特筆。スロヴァキア・フィル合唱団も洗練一本槍ではない豪胆な迫力を示す。
文:藤原 聡
(ぶらあぼ2020年2月号より)

【information】
CD『マーラー:交響曲第2番「復活」/佐渡裕&トーンキュンストラー管』

マーラー:交響曲第2番「復活」

佐渡裕(指揮)
ダニエラ・ファリー(ソプラノ)
エリーザベト・クールマン(メゾソプラノ)
スロヴァキア・フィルハーモニー合唱団
トーンキュンストラー管弦楽団

収録:2019年5月、ウィーン(ライヴ)
エイベックス・クラシックス
AVCL-84104〜5(2枚組) ¥2000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ソウルのソさんを訪ねて | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第7回
      on 2020/02/17 at 01:00

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第7回 ソウルのソさんを訪ねて [&#8230 […]