第492回 日経ミューズサロン ヨハネス・フライシュマン(ヴァイオリン) & 髙木竜馬(ピアノ)

優雅な「ウィーンの薫り」に酔うひととき

 ヨハネス・フライシュマンは、ウィーンで育ち、学び、ソロ活動のほかウィーン・フィルにも客演するヴァイオリニスト。オーストリア音楽大使も務める正統派のサラブレッドである一方、声を出して踊れる人気のエレクトロ・クラシックバンド「SYMPHONIACS」のメンバーとして軽快なパフォーマンスも見せる。端正なルックスも相まって、世界中で人気の名手である。

 そんな多彩な顔をもつフライシュマンが日経ミューズサロンに登場。「ウィーンの薫り」と題して、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第4番・第5番「春」、コルンゴルト「から騒ぎ」、クライスラーの小品集など、クラシック名品でその美音を聴かせる。共演は2018年グリーグ国際ピアノコンクール第1位受賞、いま最も旬なピアニストである髙木竜馬。現在はウィーンで学びながらソロ活動を展開、NHKアニメ『ピアノの森』では雨宮修平役のピアノ演奏を担当。同地で学び、多彩な活動という共通点もある、気心知れたふたりによるウィーンの夕べをじっくりと。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2020年1月号より)

2020.1/31(金)18:30 日経ホール
問:日経公演事務局03-5227-4227
http://www.nikkei-hall.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]