3rdアルバム発売記念 須田祥子(ヴィオラ) リサイタル ビオラは歌う3〜魔王/ロメオとジュリエット

CDとライヴで魅せるカンタービレ

C)K.Hirano

 東京フィルハーモニー交響楽団首席ヴィオラ奏者であり、熱い演奏姿で同団の顔のひとりともなっている須田祥子。国内屈指の名手でありながら、ヴィオラの魅力を広く伝える努力も惜しまない。ソロ活動はもちろんのこと、テレビ出演や、ヴィオラ演奏集団「SDA48」を主宰してファン層を拡大するなど、様々なアプローチでその多彩な面白さを表現しているのである。

 そんな須田が、ヴィオラへの愛を詰め込んだCDシリーズ『ビオラは歌う』の第3弾をリリース。聴くほどに味わい深く、心温まる歌にあふれたアルバムだ。9月には、その発売記念として収録曲を中心としたリサイタルが開催され、実演でその世界を体感できる。ピアノはCDでも須田の表現に寄り添いながら、美しく意味深い表現を聴かせた松本望。

 公演前半はシューベルト。歌曲の編曲では「ヴィオラこそ人間の声に近いのだ」と感じられるはず。「魔王」の自在な音色変化と超絶技巧も聴きもの。CDにはない「アルペジオーネ・ソナタ」を、いまの彼女の名技で聴けるのは嬉しい限りで、充実の“歌”を堪能できそうだ。後半はまずプロコフィエフ「ロメオとジュリエット」で、CDでも名編曲の秀演だったが、実演なら感銘はより深まるはず。特に抒情的な場面の美しさは格別だろう。メインは20世紀イギリスの女性作曲家レベッカ・クラークのソナタで、技巧性の中に陰りのある美しい歌心が表現された、ヴィオラ・ファンならずとも聴いてほしい名品。“歌うヴィオラ”の魅力をたっぷり堪能する。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年9月号より)


2019.9/20(金)19:00 東京オペラシティ リサイタルホール
問:SDA48事務局080-4002-3058

【お知らせ】
「La Valse by ぶらあぼ」では、須田祥子さんのスペシャル動画コンテンツを公開中。ぜひご覧ください! 
https://member.ebravo.jp/
https://member.ebravo.jp/4296/

CD『ビオラは歌う3』
N&F MF25903
¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]