時の響 2019

京都の香りとウィーンの文化が出会うとき

 過去・現在・未来を、五感で感じる文化の祭典「時の響」の核となるコンサートは、時の流れを奏でる「音楽」と、文学や歴史を最先端技術で記録する「文化遺産アーカイブ」とのコラボレーション。今年は日墺国交150周年、さらに京都の文化財世界遺産認定から25年を迎えたことにちなむ、興味深いプログラムが楽しめる。

 ステージは2部構成。第1部は、「ウィーン」をテーマに、人気ユニット「くるり」でヴォーカルを務める岸田繁が選曲。女優の栗山千明の案内で、広上淳一指揮の京都市交響楽団が、ワルツやオペレッタの名曲、岸田が作曲した管弦楽曲「心の中のウィーン」などが披露され、やはりウィーンで生まれたくるりの名曲「ジュビリー」を岸田が歌う。

 第2部は、京都の文化財世界遺産認定25年を記念。まずは、音楽の内声を担うヴィオラの役まわりを和食の“だし文化”に喩えたともいえる、酒井健治のヴィオラ協奏曲「ヒストリア」(独奏:小峰航一)を。さらに、現代の感覚にも通じる『徒然草』を和装の栗山が朗読。そこで「京のわらべうた」を素材に岸田が作・編曲した変奏曲が世界初演され、朗読とオーケストラの新たな邂逅が実現する。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年9月号より)

2019.10/20(日)13:00 京都コンサートホール
問:キョードーインフォメーション0570-200-888
https://kyo-asobi.kyoto/tokinohibiki2019/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]