下野竜也(指揮) 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

卓越したプログラミングで聴かせるドイツ三大Bの名曲


 下野竜也といえば、いわゆる名曲と演奏機会の多くない作品を絶妙に組み合わせて、それらの真価を聴かせることを得意とする名指揮者である。オッフェンバック&スッペにシェーンベルクを加えた、東京シティ・フィルの2月の定期演奏会はその好例だろう。その下野が、10月の同団の定期では、あえて「ドイツ三大B」の名作による王道プログラムを組み、注目を集めている。

 最初はJ.S.バッハで、オルガン曲「おお人よ、汝の罪の大いなるを嘆け BWV622」のレーガー編曲版を。原曲は穏やかな小曲ながら、大曲に匹敵する宇宙的な広がりをもつ感動的な逸品。この編曲は弦楽合奏版で、原曲以上に温かいハーモニーと旋律美が味わいやすく、深い充足感を得られる5分間になるはず。下野はこれまでも本作を各地の楽団で取り上げていて、彼の名刺代わりとも言える渾身の1曲だ。

 次はブラームス。長くウィーン・フィルのコンサートマスターを務め、数々のブラームスの伝説的名演の中心にいたライナー・キュッヒルのソロで、ヴァイオリン協奏曲を。彼のボウイング、ヴィブラート、歌い回し、いずれも濃厚そのもので、現代の潮流とは一線を画す音色は無二のもの。共演経験のある下野と共に、屈指の名曲を濃密に聴かせる。

 そして最後はベートーヴェン。名曲の王者、交響曲第5番「運命」である。広島交響楽団音楽総監督を務めて円熟の域に入っている下野と、好調を維持する東京シティ・フィルによる「運命」、直球勝負の熱演が大いに期待できる。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年9月号より)

第328回 定期演奏会
2019.10/18(金)19:00 東京オペラシティ コンサートホール
問:東京シティ・フィル チケットサービス03-5624-4002 
http://www.cityphil.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]