ジャパン・オペラ・フェスティヴァル2019 ボローニャフィルハーモニー管弦楽団 特別ガラコンサート

名序曲と《バタフライ》、フルボディの一夜

吉田裕史

 長い歴史を誇るイタリアの名門・ボローニャ歌劇場。その常設オーケストラであるボローニャ歌劇場管弦楽団の主要メンバーを選りすぐって結成されたのが、ボローニャフィルハーモニー管弦楽団だ。芸術監督を務める吉田裕史の指揮で「ジャパン・オペラ・フェスティヴァル2019」の一環として「特別ガラコンサート」を開催。イタリア伝統の歌心の真髄をたっぷりと聴かせてくれる。同フェスティヴァルは名古屋城天守閣前広場特設ステージでの《蝶々夫人》(9/26〜9/29)がメイン。川崎公演のガラではそのエッセンスにも触れることができる。

 第1部では、ベッリーニ《ノルマ》やドニゼッティ《ドン・パスクァーレ》、ヴェルディ《シチリア島の夕べの祈り》ほか、イタリア・オペラの序曲を特集。オーケストラ・サウンドにもしっかりと息づく“歌”を響かせる。第2部では、タイトルロールのレナータ・カンパネッラら、イタリアから招いた実力派キャストが出演し、《蝶々夫人》より有名なアリアの数々を披露する。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年9月号より)

2019.9/30(月)19:00
ミューザ川崎シンフォニーホール
問:さわかみオペラ財団0570-023-223
https://sawakami-opera.org/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]