渡辺玲子 プロデュース レクチャーコンサート vol.5

異国のサウンドに惹かれたパリの作曲家たち

©Yuji Hori

 楽譜には、作曲家が意図した隠されたメッセージがきっとある。それを知れば、きっと音楽の聴き方が変わる。国際的に活躍する名ヴァイオリニスト、渡辺玲子の案内で、名曲の秘密を易しく紐解くレクチャーコンサート。第5弾は、20世紀前半のフランスにおける2つの流行、「ジャズ」と「スペイン風」をテーマに据える。

 今回も、ピアノの名手・江口玲がパートナーに。ドビュッシー「ゴリウォーグのケークウォーク」(ハイフェッツ編)、ラヴェル「ツィガーヌ」、プーランクとラヴェルの「ヴァイオリン・ソナタ」ほか、ジャズやスペイン音楽などの影響を受け、新境地を拓いた作品を特集する。さらに、ファリャによる「7つのスペイン民謡」からの3曲(コハンスキー編)や、江口のソロで聴くガーシュウィン「ソング・ブック」から〈私の愛する人〉と、逆にフランスの近代作品に心酔し、その作風に自身の個性や民族性を融合させた作品も併せて披露。名手の巧みな解説と名演が、あなたの好奇心を刺激する。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年8月号より)

2019.10/16(水)19:00 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700
https://www.hakujuhall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]