第17回 東京音楽コンクール 第2次予選・本選

逸材たちのほとばしる感性と技巧を目撃する

ザリナ・アルティエンバエヴァ
(第16回 声楽部門第1位及び聴衆賞)

 覇気に満ちた、瑞々しい快演に触れられる、絶好のチャンスだ。芸術家としての自立を目指す可能性に富む新人音楽家を発掘し、育成・支援を行うことを目的に、東京都や東京文化会館(東京都歴史文化財団)が毎年開いている「東京音楽コンクール」。17回目となる今年は、木管・ピアノ・声楽の3部門で、予備審査を通過した俊英たちが、2次にわたる予選や本選に臨み、磨き上げた技巧や音楽性を競う。

 1965年に始まった東京文化会館の「新進音楽家デビューオーディション」を前身として、2003年に当時の三善晃・館長の提唱により、拡充する形でスタート。当初はピアノ・弦楽・木管・金管・声楽の5部門、15年からは組み合わせを変えた3部門ずつの開催となり、参加者の国籍・居住地も不問に。審査員には国際的に活躍する音楽家が顔を揃え、出演機会の提供やリサイタル支援など、他に類を見ない入賞後の手厚いサポート体制もあって、今や日本を代表する登竜門として知られている。

 第1次予選(非公開)を経て、第2次予選(木管=8/16、ピアノ=8/17、声楽=8/18)を開催。その通過者が臨む本選は、大井剛史指揮の日本フィル(木管=8/22)、角田鋼亮指揮の東京フィル(ピアノ=8/24) 、現田茂夫指揮の東京交響楽団(声楽=8/26)との共演で、入賞者が決まる。本選では、客席からの投票で選ぶ「聴衆賞」も設けられ、ちょっとした審査員気分も味わえる。また、来年1月13日には「入賞者コンサート」を開催。三ツ橋敬子指揮の東京フィルをバックに、華々しく“お披露目”される。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年8月号より)

【第2次予選】
木管部門:2019.8/16(金)
ピアノ部門:8/17(土)
声楽部門:8/18(日)
各日11:00 東京文化会館(小)

【本選】
木管部門:2019.8/22(木)18:00
ピアノ部門:8/24(土)16:00
声楽部門:8/26(月)18:00
東京文化会館(大)

問:東京文化会館チケットサービス03-5685-0650 
https://www.t-bunka.jp/tmc/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]