東京フィルハーモニー交響楽団 第2回 渋谷の午後のコンサート。〈歌うヴァイオリン〉

名曲ありトークありのディライトフルなステージ


 在京オーケストラの中でも早くから平日昼間のコンサートを行い、多くの音楽ファンを開拓してきた東京フィルハーモニー交響楽団。2019/20シーズンは、平日および週末・休日における午後のコンサート枠をさらに拡大し、定期演奏会に匹敵する選曲と演奏でファンの注目を集めている。

 中でも新しくスタートした「渋谷の午後のコンサート。」は、東京フィルが響きを熟知しているであろうBunkamuraオーチャードホールを舞台に平日の午後を彩る、名曲オンパレードのシリーズ。第2回となる8月9日のコンサートには、2010年からの5年間、同オーケストラの常任指揮者を務め、現在は桂冠指揮者というポストにあるダン・エッティンガーが指揮台に登場。得意とするチャイコフスキーの「悲愴」交響曲ほかをドラマティックに聴かせてくれるはずだ。曲やオーケストラについてなど、マエストロがどんなトークを聞かせてくれるのかも楽しみである。

 さらにはゲストとして登場するヴァイオリニストの大谷康子が、「ツィゴイネルワイゼン」「チャールダーシュ」「G線上のアリア」ほかの名曲を華麗に披露。まさに〈歌うヴァイオリン〉というコンサートのタイトルそのままに、祝祭的な雰囲気を演出してくれる。オペラを得意とする東京フィルとの共演により、旋律美がホールを満たすに違いない。

 気軽にクラシックを楽しみたい方にも、心からお薦めできるプログラムだ。
文:オヤマダアツシ
(ぶらあぼ2019年8月号より)

2019.8/9(金)14:00 Bunkamuraオーチャードホール
問:東京フィルチケットサービス03-5353-9522 
https://www.tpo.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]