楽壇生活40周年記念 磯﨑陽一 ヴァイオリン・リサイタル with 東京ヴィヴァルディ合奏団

熟成した弦の響きをじっくり味わう


 東京交響楽団や新日本フィルのコンサートマスターを歴任し、現在は名ソリストとして活躍する磯﨑陽一。楽壇生活40周年を記念するリサイタルで、東京ヴィヴァルディ合奏団と共演、ヴァイオリン協奏曲集「四季」全曲をはじめ、思い入れの強い佳品の数々を披露する。

 桐朋学園大在学中に渡米、ジュリアード音楽院でイヴァン・ガラミアンら名伯楽に師事。帰国後は東響を経て、1979年から新日本フィルのコンマスを務め、オーケストラ共演やリサイタル活動、室内楽でも活躍。2009年の30周年記念演奏会では、井上道義指揮の新日本フィルと共演、メノッティのヴァイオリン協奏曲を本邦初演し、高評を得た。

 今回は、ソリストも務める「四季」全曲に、弦楽のための協奏曲ト長調「田園風」と、ヴィヴァルディの作品を。さらに、モーツァルト「ディヴェルティメント ニ長調 K.136」とエルガー「弦楽セレナード」を披露。半世紀以上にわたり、精緻なアンサンブルを追求し続けてきた東京ヴィヴァルディ合奏団の快演も相まって、美しい弦の響きが匂い立つ。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年6月号より)

2019.6/16(日)14:00 JTアートホール アフィニス
問:東京ヴィヴァルディ合奏団03-6277-8450 
http://vivaldi.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]