東京交響楽団 第4回 八王子定期演奏会

豊かなオーケストラ・サウンドを存分に楽しめるステージ

 東京交響楽団が2016年から毎年1回、オリンパスホール八王子を舞台に開催している、「八王子定期演奏会」が4年目に。今回の指揮には、アグレッシヴでありながら、理知性も兼ね備えた音楽創りが人気の飯森範親が登場。特に管楽器の多彩な音色が魅力的な、3つの名曲を披露する。
 この公演は、「オーケストラの響きを身近に楽しむことから、芸術文化への裾野を広げよう」と、多摩地域初の本格的なオーケストラ事業提携としてスタートした、八王子市学園都市文化ふれあい財団と東響との「パートナーシップ事業」の一環。東響正指揮者の飯森は、第1回での好評を受けての再登板となる。
 今回は、ムソルグスキー(ラヴェル編)の組曲「展覧会の絵」とリヒャルト・シュトラウスの交響詩「ドン・ファン」、いずれも絶妙なオーケストレーション、特に迫力ある金管楽器が、巧みな旋律回しとハーモニーを彩る傑作を。さらに、実力派奏者の高木綾子をソリストに迎えてのモーツァルト「フルート協奏曲第2番」で、繊細かつ可憐な“木管楽器の女王”の音色を堪能する。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年5月号より)

2019.6/2(日)14:00 オリンパスホール八王子
問:八王子学園都市文化ふれあい財団042-621-3005
http://www.hachiojibunka.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]