【SACD】日本の心を歌う/中井亮一

 イタリアで研鑽を積み“ロッシーニ歌い”としても活躍する“旬”のテノールが、本格的デビュー盤に敢えてこのテーマを選んだだけあって収録曲が秀逸。曲によっては過去の偉大な先輩歌手へのオマージュを垣間見せているのも心憎い。幕開けの14篇(北原白秋×平井康三郎の歌曲集「日本の笛」より)から日本的な歌い回しに魅了される。かの童謡のパロディ的風刺作品である〈サッちゃんの家〉やシャンソン・コミック〈電話〉、男声合唱の定番曲〈遙かな友に〉など、ひねりの利いた名曲多し。〈さとうきび畑〉や本人のソウル・ソングらしい〈瀬戸の花嫁〉も味わい深い。
文:東端哲也
(ぶらあぼ2019年5月号より)

【Information】
SACD『日本の心を歌う/中井亮一』

平井康三郎:「日本の笛」より/山田耕筰:野薔薇、待ちぼうけ、秋風の歌/服部正:野の羊/梁田貞:城ヶ島の雨/大中恩:サッちゃんの家/湯山昭:電話/磯部俶:遥かな友に/寺島尚彦:さとうきび畑/平尾昌晃:瀬戸の花嫁 他

中井亮一(テノール)
秀平雄二(ピアノ)

アールアンフィニ(ソニー・ミュージックダイレクト/ミューズエンターテインメント)
MECO-1054 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]