【CD】西村朗作品集19 シェーシャ[聖蛇]/アルディッティ弦楽四重奏団

 西村朗の弦楽四重奏曲は成立・演奏史において全てアルディッティSQと関わりがあるが、本CD所収の第5番は60歳を祝して2013年にアルディッティ個人に、そして第6番は17年にアルディッティSQに献呈された。標題の説明はライナーに譲るが、いずれも微分音を駆使しての技術の限界を思わせる素早いトレモロや激烈なデュナーミクの対比、多彩な特殊奏法による音色の効果が徹底的に追求されている実にハードな音楽で、なるほどこの音楽は同SQ抜きには存在しない。但し、難解に考える必要はまるでなく、何故ならこれはあからさまに「エモい」のだ。聴き入ってしまう。理屈は後から。
文:藤原 聡
(ぶらあぼ2019年4月号より)

【Information】
CD『西村朗作品集19 シェーシャ[聖蛇]/アルディッティ弦楽四重奏団』

西村朗:弦楽四重奏曲第5番「シェーシャ[聖蛇]」、弦楽四重奏のための七つの断片と影、弦楽四重奏曲第6番「朱雀」

アルディッティ弦楽四重奏団【アーヴィン・アルディッティ アショット・サルキシャン(以上vn) ラルフ・エーラースva ルーカス・フェルスvc】

カメラータ・トウキョウ
CMCD-28364 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]