トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア 第78回定期演奏会

いま最も旬な二人の歌手を迎えてのモーツァルト三昧の午後


 トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニアは、1995年の三鷹市芸術文化センター開館時に、地元出身の指揮者・沼尻竜典が呼びかけて同ホールを拠点にスタートしたトウキョウ・モーツァルトプレーヤーズが、創立20周年を機に改称、2016年から現称で活動している(どちらも「TMP」)。メンバーは国内外のオーケストラやソロで活躍する日本人奏者たち。本誌読者のような熱心なクラシック・ファンにはおなじみの顔と名前が並ぶ豪華布陣だ。名称が変わっても、モーツァルトはレパートリーの一定の軸。3月に行われる第78回定期演奏会も「ほぼモーツァルト」だ。軽快な「ディヴェルティメント K.138」で幕を開けると、前半は、海外でも大注目を浴びている、中村恵理(ソプラノ)と藤木大地(カウンターテナー)、二人の旬の歌手を迎えてオペラ・アリアやデュエットをたっぷり楽しめるプログラムが組まれた。発表されている曲目は、《フィガロの結婚》《ドン・ジョヴァンニ》《皇帝ティートの慈悲》《イドメネオ》などやはりモーツァルトが中心(藤木の〈オンブラ・マイ・フ〉も)。日本人歌手としては貴重な、声の密度の濃い、ボディのしっかりしたリリコの持ち主の中村と、声の安定感や歌の「上手さ」がずば抜けている藤木。ただ美しいだけではない、二人の豊かな表現の共演を堪能したい。プログラム後半はモーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」。指揮はもちろん音楽監督の沼尻竜典。
文:宮本 明
(ぶらあぼ2019年2月号より)

2019.3/9(土)15:00 三鷹市芸術文化センター
問:三鷹市スポーツと文化財団0422-47-5122 
http://mitaka-sportsandculture.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]