【CD】イタリア近代歌曲集Ⅱ〜告白〜/吉川具仁子

 イタリアで研鑽を積み藤原歌劇団の公演などでも活躍。家族の介護に専念した時期を経て、2013年からコンサート活動を本格的に再開している円熟のソプラノによる最新盤。トスティ集、古典歌曲集と録音を重ねて、今回は前作『〜やさしい心〜』に続く、近代歌曲集の第2弾。プッチーニらオペラ作曲家からカゼッラ、チマーラ、ザンドナーイ、ロッカなどの知られざる佳曲まで網羅。マスカーニの〈アヴェ・マリア〉が有名な《カヴァレリア・ルスティカーナ》間奏曲の旋律ではなく、ラテン語・典礼文のイタリア語訳に作曲して作曲者が高校時代の恩師に捧げた作品なのもポイント。
文:東端哲也
(ぶらあぼ2019年1月号より)

【information】
CD『イタリア近代歌曲集Ⅱ〜告白〜/吉川具仁子』

プッチーニ:幸いあれ、聖母/マスカーニ:アヴェ・マリア/カゼッラ:美しいひとよ、私の心の光よ〜「3つの1300年代の歌」より/チマーラ:ノスタルジー/ピッツェッティ:牧人たち/ザンドナーイ:最後のバラ、神秘/ロッカ:聖フランチェスコのソネット 他

吉川具仁子(ソプラノ)
徐惟恩(ピアノ)

ナミ・レコード
WWCC-7883 ¥2500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]