Music Program TOKYO シャイニング・シリーズ Vol.4 成田達輝(ヴァイオリン) × 阪田知樹(ピアノ) デュオコンサート

世界で活躍する俊英二人の初共演!

 ヴァイオリンの成田達輝とピアノの阪田知樹が、東京文化会館小ホールを舞台に瑞々しい演奏を愉しむ「シャイニング・シリーズ」の第4弾に登場。華々しく国際的な活躍を展開している2つの才能が、初めての幸せな邂逅を果たす。
 2007年に第5回東京音楽コンクール弦楽部門を制し、10年にはロン=ティボー、12年にエリーザベトでそれぞれ第2位となるなど、国際的な登竜門で実績を重ね、美音と深い音楽性で一躍注目を浴びた成田。そして、阪田は16年フランツ・リスト国際ピアノコンクールで第1位に。圧倒的な技巧と粒立ちの良いタッチで、聴衆の耳を釘付けにする。
 今回は、フランクとラヴェルという、近代を代表する2つの名ヴァイオリン・ソナタをメインに据える。そして、詩情に満ちたシマノフスキ「神話」に加えて、成田がイザイの無伴奏ソナタから第6番、阪田がラヴェル「鏡」から「道化師の朝の歌」と、それぞれのソロも披露。さらに、クリスマスを前に、現代の鬼才シュニトケが編曲した「きよしこの夜」も添える。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年12月号より)

2018.12/21(金)19:00 東京文化会館(小)
問:東京文化会館チケットサービス03-5685-0650
http://www.t-bunka.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]