ゲルハルト・オピッツ ピアノ・リサイタル シューマン × ブラームス連続演奏会 第4回

ベートーヴェンからの流れを総括するシリーズ最終回

C)Concerto Winderstein

 2015年にスタートしたゲルハルト・オピッツの「シューマン×ブラームス連続演奏会」が、最終回となる第4回を迎える。
 1953年バイエルンに生まれ、ケンプの薫陶をうけたオピッツは、これまでベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲演奏会を行うなど、ドイツ音楽の真髄を追求してきた。当シリーズは、ベートーヴェンを崇敬していたシューマンとブラームスの作品のハイライトを紹介することで、各人がベートーヴェンから受けた影響の違い、さらには、この伝統が後のドイツ音楽にどう受け継がれたかを考えるという、意欲的な試み。
 プログラムは、シューマンからは「蝶々」に加え、作曲家の内面や彼を取り巻く人への想いがこめられたような「謝肉祭」を演奏する。一方のブラームスの作品としてまず取り上げるのは、「シューマンの主題による変奏曲」。当時、シューマンはライン河で投身自殺をはかって病院に収容されており、ブラームスがシューマンの妻クララを励ます意味も込めて書いた作品だ。また、実質1作目のピアノ・ソナタで、先達の影響が見られるソナタ第2番も、改訂版がクララに献呈されている。シューマン夫妻とブラームスを強く結びつける作品が選りすぐられた内容だ。
 歳を重ねるにつれ「ベートーヴェンから続く系譜にある音楽が、より近い存在となってきた」というオピッツ。そんな今だからこそ見える、当時の音楽家が互いに与え合った影響、作風の違いを、存分に伝えてくれることだろう。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ2018年12月号より)

2018.12/14(金)19:00 東京オペラシティ コンサートホール
問:パシフィック・コンサート・マネジメント03-3552-3831
http://www.pacific-concert.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]