【CD】ベートーヴェン「田園」 /延原武春&日本センチュリー響

 かつて、手兵のテレマン室内オーケストラとピリオド楽器でベートーヴェン交響曲全集をリリースした延原武春が、モダン・オケの指揮者としても大活躍だ。大阪フィルとのベートーヴェン・ツィクルスは絶賛され、今や各地のオケに招かれている。今回は日本センチュリー交響楽団との「田園」。冒頭の主題から美しい響きで、ゼクエンツの漸強にもしみじみとした感動がある。ヴィブラート少なめの弦は透明だ。緩徐楽章もとてもきれい。「嵐」はバロック・ティンパニの加入で怖いほどの迫力。終楽章は感謝の祈りが大団円の熱気にまで高まる。《オベロン》序曲も実に楽しい。
文:横原千史
(ぶらあぼ2018年11月号より)

【information】
CD『ベートーヴェン「田園」 /延原武春&日本センチュリー響』

ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」
ウェーバー:歌劇《オベロン》序曲
モーツァルト:ディヴェルティメント K.334
より第3楽章 メヌエット

延原武春(指揮)
日本センチュリー交響楽団

収録:2017年9月、豊中市立文化芸術センター(ライヴ)
ナミ・レコード
WWCC-7879 ¥2500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]