【CD】シューベルト:交響曲第8番「グレイト」 /ヤンソンス&バイエルン放送響

 ヤンソンス&バイエルン放送響は、いまやもっとも規範的な演奏をするコンビではないか。シェフ就任後15年間に築かれた彼らの関係性が、この「グレイト」に集約的に表れている。適切なボリューム感とそれを実現するための適切なテンポが長丁場を通じてぶれなく保たれ、シューベルトらしい歌心をしっかりととらえつつ、シンフォニックで記念碑的な作品像が構築されていく。企んだような表現は皆無で、全てが自然のうちに運ばれているのだが、たっぷりとして温かみのある音楽は聴き手の懐へとまっすぐに進み、心の奥底にまで届く。音符をあるべき音として奏でる“偉大なる王道”がここにある。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2018年10月号より)

【information】
CD『シューベルト:交響曲第8番「グレイト」 /ヤンソンス&バイエルン放送響』

シューベルト:交響曲第8番「グレイト」

マリス・ヤンソンス(指揮)
バイエルン放送交響楽団

収録:2018年2月、ミュンヘン(ライヴ)
BR KLASSIK/ナクソス・ジャパン
900169 ¥オープン

  • La Valseの最新記事もチェック

    • プッチーニ《蝶々夫人》 | 岸純信のオペラ名作早わかり 〜新時代のオペラ作品ガイド 第3回 
      on 2019/08/18 at 22:30

      text:岸 純信(オペラ研究家) 【あらすじ】 明治期の長崎を舞台に、大和撫子の蝶々さんが米国海軍士官のピンカートンと結ばれるが、帰国した夫はアメリカ人と結婚。彼を待ち続けた蝶々さんは、軍艦が戻ってきたその日、子どもも手放すよう言われて「抗議の死」を選ぶという悲劇の物語。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 《蝶々夫人 Madama Butterfly》は、日本人に「日本の美学を改 [&#8230 […]