【CD】シューベルト:交響曲第8番「グレイト」 /ヤンソンス&バイエルン放送響

 ヤンソンス&バイエルン放送響は、いまやもっとも規範的な演奏をするコンビではないか。シェフ就任後15年間に築かれた彼らの関係性が、この「グレイト」に集約的に表れている。適切なボリューム感とそれを実現するための適切なテンポが長丁場を通じてぶれなく保たれ、シューベルトらしい歌心をしっかりととらえつつ、シンフォニックで記念碑的な作品像が構築されていく。企んだような表現は皆無で、全てが自然のうちに運ばれているのだが、たっぷりとして温かみのある音楽は聴き手の懐へとまっすぐに進み、心の奥底にまで届く。音符をあるべき音として奏でる“偉大なる王道”がここにある。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2018年10月号より)

【information】
CD『シューベルト:交響曲第8番「グレイト」 /ヤンソンス&バイエルン放送響』

シューベルト:交響曲第8番「グレイト」

マリス・ヤンソンス(指揮)
バイエルン放送交響楽団

収録:2018年2月、ミュンヘン(ライヴ)
BR KLASSIK/ナクソス・ジャパン
900169 ¥オープン

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]