【CD】小沢麻由子 プレイズ ドビュッシー

 小沢麻由子の新譜は没後100年となるドビュッシーの作品集。傑作「前奏曲集」第1巻全曲をアルバム前半に収め、後半はドビュッシーの最初期の作品「ボヘミア風舞曲」から、最後のピアノ曲「燃える炭火に照らされた夕べ」まで、珍しい小品も含む10曲。音域・声部によって、硬質な響きと暖色系のタッチとを鮮やかに使い分け、極めて明晰に、きめ細かくドビュッシーの美的世界を再現。無意味なルバートや曖昧模糊とした処理は一つもない。クリアに整理してこそ、ドビュッシーの音楽がもつ詩的な世界がかぐわしく立ち上ることを、小沢の演奏は伝えている。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ2018年10月号より)

【information】
CD『小沢麻由子 プレイズ ドビュッシー』

ドビュッシー:前奏曲集第1巻、ボヘミア風舞曲、舞曲(スティリー風タランテラ)、ロマンティックなワルツ、レントより遅く(ワルツ)、「傷病兵の衣」のために、燃える炭火に照らされた夕べ 他

小沢麻由子(ピアノ)

ナミ・レコード
WWCC-7875 ¥2500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]