住友郁治 ピアノリサイタル

「巡礼の年 第2年」全局に真っ向勝負

 この音楽家は、クラシックという枠組みなど、軽々と飛び越えていってしまう。しなやかな活動が光る、ピアニストの住友郁治。今回のリサイタルでは、“ピアノの魔術師”ことフランツ・リストが40年以上にわたって書き綴った独奏曲集「巡礼の年」から第2年「イタリア」全7曲に、じっくりと向き合う。
 国立音楽大学・同大学院を首席で終え、1992年の第5回国際リストコンクールをはじめ、国内外のコンクールで入賞、チェコで開かれた第2回ヤングプラハ国際音楽祭では、日本代表ピアニストに。ソリストや声楽の名伴奏者としても活躍の一方、演劇や映画の劇伴音楽を手掛けるなど、多才のアーティストとしても知られる。
 「巡礼の年」の第2年「イタリア」は、出版こそ後年となったが、まだ20代だったリストが作曲。南国への旅を通じて刺激された、若き天才の瑞々しい感性を反映すると共に、終曲「ダンテを読んで」など、深い精神性や宗教観も湛える。そんな作品の多様性が、住友の高い音楽性と深い洞察力により、浮き彫りとなることだろう。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年4月号より)

2018.5/6(日)14:30 東京文化会館(小)
問:プロアルテムジケ03-3943-6677
http://www.proarte.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 【レポート】松岡茉優、松坂桃李らが登壇〜映画『蜜蜂と遠雷』完成披露イベント
      on 2019/09/20 at 02:22

      映画『蜜蜂と遠雷』(石川慶監督、10月4日全国公開)の完成披露イベントが9月16日に東京都内で行われ、松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士と監督の石川慶が登壇した。 取材・文:編集部 Photos:S.Kishinami & J.Otsuka/Tokyo MDE 「直木賞」「本屋大賞」を同時受賞を果たした恩田陸の同名小説を映画化した本作は、国際ピアノコンクールを舞台に世界を目指す若き [&#8230 […]