第471回 日経ミューズサロン マリア・サバスターノ ソプラノ・リサイタル

欧州で大活躍の若き逸材が魅せる美声と表現力

 マリア・サバスターノは、パリ・オペラ座をはじめ、ヨーロッパの一流歌劇場の檜舞台で次々と重要な役を演じ、「完璧な技巧と発声」と絶賛されている新星ソプラノ。そんな逸材が日経ミューズサロンに登場。プッチーニとモーツァルトの名アリアをたっぷりと披露してくれる。
 アルゼンチン・ブエノスアイレス出身。“世界3大歌劇場”に位置づけられる故郷の名門テアトロ・コロン併設の芸術大学を経て、パリ・オペラ座アトリエ・リリックに学び、2005年に「声楽のオリンピック」の異名をとるドイツのコンクール「新しい声」でグランプリ受賞。今やパリをはじめ、マドリードやブリュッセルなどの歌劇場でも大活躍している。
 ピアノの碓井俊樹と共演するリサイタルは、《蝶々夫人》より〈ある晴れた日に〉などプッチーニの傑作群から、《フィガロの結婚》より〈愛の神よ〉などモーツァルトの「ダ・ポンテ3部作」まで、名アリアばかりを選りすぐって。パーヴォ・ヤルヴィら一流指揮者がこぞって厚い信頼を置く、美声と表現力に触れてみたい。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年4月号より)

2018.4/27(金)18:30 日経ホール
問:日経公演事務局03-5281-8067
http://www.nikkei-hall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 11/13 新居由佳梨(ピアノ) 公演にむけたメッセージ
      on 2019/10/18 at 15:40

      ピアニストの新居由佳梨が、11月13日に東京オペラシティ リサイタルホールでソロとデュオ(共演はチェロの西谷牧人)のリサイタルを開催する。フランクとバッハを核とした内容となっており、今回の公演にあたり、メッセージをいただきました。 【動画メッセージ】新居由佳梨 ピアノリサイタル ぶらあぼ本誌11月号&WEBぶらあぼでもインタビュー記事を公開中。 新居由佳梨(ピアノ) profile 新居由 [&#8230 […]