創立150周年記念 ウクライナ国立歌劇場 来日公演フェスティバル

─オペラ&コンサート&バレエ、総勢300名による怒濤の引越し公演─

 世界に冠たる名門ウクライナ国立歌劇場が、創立150周年を記念して、これまでになく大規模な「来日公演フェスティバル」を行う。同劇場が誇る[オペラ][オーケストラ][バレエ]が、各々極め付けの名作と150周年記念特別プログラムを披露する陣容は、実に多彩かつ豪華。圧倒的な迫力で魅せるその舞台を、大いに満喫したい。

ウクライナ国立歌劇場内観

2大人気オペラ全幕と、傑作オペラの
聴きどころを豪華に上演する「キエフ・オペラ」

 ウクライナは、プロコフィエフが生まれ、チャイコフスキーがルーツとし、大ピアニストのウラディーミル・ホロヴィッツ、スヴャトスラフ・リヒテル等を輩出した世界屈指の音楽国家。この地を代表するウクライナ国立歌劇場も、ボリショイ、マリインスキーと並ぶ旧ソ連の3大歌劇場として、歴史的に重要な位置を占めている。1867年の創設当初から、ロシアの作品のみならず、イタリアやドイツものを積極的に上演。チャイコフスキーも自作を指揮して同劇場を称賛した。その実力はヨーロッパでは古くから知られ、各地で高い評価を受けている。
 「キエフ・オペラ」(ウクライナ国立歌劇場オペラ)は、日本でも1991年を皮切りに5度来日し、延べ20万人以上を動員している。彼らの魅力は、スラヴ民族ならではの力強い声と重厚なステージ。どの歌手も高水準でパワーと表現力を兼ね備え、色彩的な舞台ともども、万人をストレートに魅了する。
 今回はまず、同オペラの過去の来日で人気最上位のプッチーニ《トゥーランドット》とヴェルディ《椿姫》が披露される。中国を舞台にした異国情緒や名アリア〈誰も寝てはならぬ〉で知られる《トゥーランドット》は、当劇場のパワーが存分に発揮され、名旋律が続く悲恋の物語《椿姫》も、ドラマティックな表現力が生きる作品。共に誰もがオペラの醍醐味を堪能できる。各演目のキャスティングには、オクサナ・クラマレヴァ(ソプラノ)、リリア・フレヴツォヴァ(同)、アンドレイ・ロマネンコ(テノール)、ヴァレンティン・ディトゥク(同)他の歌手が予定されている。
 そして150周年を記念した「オペラの饗宴」が加わる。これは単なる名場面集ではなく、「ファム・ファタール=運命の女」を主人公とする《椿姫》《トスカ》《カルメン》の傑作“幕”を選りすぐり、異なる3幕の舞台を転換しながら、同劇場のソリスト総出演でおくる一夜限りの特別企画。マニアには堪らず、オペラ入門にもこの上ない。

多彩なオーケストラコンサートと華麗なるバレエ公演

 演奏会では、「オール・オブ・クラシック プレミアムコンサート」が垂涎の公演。第1部「オーケストラ曲集」で管弦楽の名作を味わい、第2部「オペラ・アリア名曲集」で華麗な歌声に酔いしれ、第3部「バレエ『カルメン組曲』」でセット付の1幕バレエに浸るという、一夜に全てが詰まった企画で、歌、バレエ共に看板ソリストが出演する。これまさに一挙両得(三得?)だ。
 同じく「『第九』&『未完成』」も見逃せない。人類愛を謳い上げた「第九」で熱い感動を届けるだけでなく、シューベルト一流の旋律美と転調の妙味に溢れた「未完成」を併せて演奏。両曲は同時期の作ゆえに、個性の違いとクラシックの奥深さを実感できる。1996年から歌劇場&楽団を率いる名匠ミコラ・ジャジューラの雄弁な指揮と、同劇場管のスラヴ特有の強靭なサウンドも、他では聴けない「年末“第九”」をもたらしてくれること必至だ。さらに聖夜に相応しいゴージャスな雰囲気を味わえる「クリスマス・スペシャル・クラシックス」も2公演用意されている。
 最後におなじみの「キエフ・バレエ」(ウクライナ国立バレエ)。数多く来日公演を重ね、高評価と人気を得ている。エレーナ・フィリピエワ、アナスタシア・マトヴィエンコ、レオニード・サラファーノフ他、名ダンサーが来日。演目には『白鳥の湖』『くるみ割り人形』など極上の人気作が並び、今回限りの特別ガラ公演を含めて豪華なステージが展開される。
 本ツアーは、オペラ、オーケストラ、バレエのいずれのファンも要注目。新ジャンルに触れてみたい方にも絶好の機会となる。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2017年12月号より)

【Information】
◆キエフ・オペラ(ウクライナ国立歌劇場オペラ)

《オペラの饗宴》 2018.1/11(木)
《トゥーランドット》 2018.1/12(金)、1/13(土)
《椿姫》 2018.1/14(日)
Bunkamuraオーチャードホール

◆ウクライナ国立歌劇場管弦楽団
◎クリスマス・スペシャル・クラシックス

2017.12/23(土・祝) 東京国際フォーラム ホールA
2017.12/25(月) 東京オペラシティ コンサートホール
◎オール・オブ・クラシック プレミアムコンサート
2017.12/27(水) 東京文化会館
◎「第九」&「未完成」
2017.12/28(木) 横浜みなとみらいホール
2017.12/29(金)、12/30(土) 東京オペラシティ コンサートホール

◆キエフ・バレエ(ウクライナ国立バレエ)
『くるみ割り人形』 2017.12/24(日) 東京国際フォーラム ホールA
『150周年バレエ・ガラ』 2017.12/26(火) 東京文化会館
『新春特別バレエ』 2018.1/3(水) 東京国際フォーラム ホールA
『ドン・キホーテ』 2018.1/4(木)、1/5(金) 東京文化会館
『白鳥の湖』 2018.1/6(土) 東京文化会館、1/7(日) 千葉県文化会館、1/8(月・祝) Bunkamuraオーチャードホール

問:光藍社チケットセンター050-3776-6184 
※各公演の詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。 
http://www.koransha.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part2
      on 2019/12/06 at 01:43

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 NHK交響楽団首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィに話をうかがうロング・インタビュー。後半戦はN響とのレコーディングや、2020年2〜3月に控えたヨーロッパツアーについて、じっくりと語っていただく。 ── パーヴォさんの指揮するN響のCDのなかで、バルトークにとりわけ強い感銘を受けました。これまでに発売されたもののなかでは唯一、完全にロ [&#8230 […]