向山佳絵子&長谷川陽子 プロデュース チェロ・コレクション 〜バッハへのオマージュ Vol.4〜

“チェロの底力”を知るステージ

 共に日本を代表するチェリストとして活躍する、向山佳絵子と長谷川陽子。「チェロ・コレ」こと『チェロ・コレクション〜バッハへのオマージュ〜』は、2人のプロデュースによる、バッハへの敬意と異世代のチェリストの交流を軸とする大型企画だ。第4弾は、ロンドンを拠点に活躍する伊藤悠貴とベルリンで研鑽中の佐藤晴真、2人の俊英とチェンバリストの曽根麻矢子を迎えて。バッハから現代まで、多彩な作品を披露する。
 まずは、5人が一堂に会し、ヴィヴァルディ「調和の霊感」から第10番を、チェロ4本+チェンバロの編成で。伊藤によるバッハ「無伴奏チェロ組曲第4番」に続き、この作品をモティーフに気鋭の若手作曲家、平川加恵へ委嘱された新作を向山と曽根が世界初演。後半では、4人のチェリストによるフィッツェンハーゲン「協奏的ワルツ」をはじめ、佐藤と長谷川のバルトーク「二重奏曲」やヘンデル、ウクライナ生まれの20世紀の作曲家ステュッチェスキーまで。“チェロの底力”を知るステージともなろう。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2017年10月号)

2017.11/8(水)19:00 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700
http://www.hakujuhall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]