BACH DANCE・MUSIC・PAINT 廣田あつ子 × 加藤訓子 × 広田 稔

バッハが生み出す多層的な空間


 「バッハを奏で、バッハを舞い、バッハを描く。」が謳い文句だ。パーカッショニスト加藤訓子が2017年にリリースしたニューアルバム『BACH』をもとに各界注目のアーティストが「バッハ」をテーマにした舞台に挑む。
 加藤は国内外で活動し、スティーヴ・ライヒの「カウンターポイント」シリーズを打楽器に編曲したソロアルバムを発表するなどパーカッションの第一人者として名高く、池田芙美代、中村恩恵、黒田育世らダンスのクリエイターとも共演を重ねてきた。今回は自身のアルバムをモティーフに創造する新機軸で、気鋭のダンサー、振付家の廣⽥あつ⼦の振付を得て、⽳吹淳、⽥澤祥⼦、中島瑞⽣、⾚井綾乃というベテランから若手までの俊英ダンサーが集う。そして、洋画家・広⽥稔がライブペインティングとして参加し、音楽とダンス、美術が劇場空間で折り重なって溶け合う。
 「バッハ」をキーワードに廣田×加藤×広田が生み出す新たなる世界を楽しみにしたい。
文:高橋森彦
(ぶらあぼ2017年9月号より)

2017.9/22(金)〜9/24(日) 東京芸術劇場 シアターイースト
問:kuniko kato arts project 080-5075-5038
  東京芸術劇場ボックスオフィス0570-010-296
http://www.geigeki.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]