山田武彦(ピアノ) と東京室内歌劇場 vol.2

“大人ムード”溢れる七夕の宵

 ピアニストとしてだけではなく、作曲やコンサートの“ホスト役”も務めるなど、マルチな活躍を続ける山田武彦を音楽監督に据え、その自在なピアノの音色で、東京室内歌劇場の実力派歌手たちから多彩な歌声を引き出すシリーズ第2弾が7月7日に開かれる。昨年デビュー30周年を迎えた山形由美が、今回もフルートと司会を担当。ソプラノ太刀川悦代、メゾソプラノ田辺いづみ、テノール島田道生、バリトン和田ひできら総勢11人の歌手たちが、ヴァイオリンの佐藤久成、ハープの山宮るり子ら名手の共演を得て、魅惑のステージを繰り広げる。
 プログラムは、2部構成。第一部は、まず「セレナードとはどんなものかしら」と題して、リートやオペラからの名曲、さらに、西洋文化に日本の感性を融合した「浅草オペラ」の懐かしい旋律も。そして、第二部では、歌曲から歌謡曲まで、日本語詞の美しさを探求。途中、山田のソロによる「フランク永井へのオマージュ」(新作・日本初演)では、その編曲の妙と美音が冴え渡る。終盤は「有楽町で逢いましょう」「中の島ブルース」など往年のヒット曲で“大人の七夕”を演出する。
文:笹田和人
(ぶらあぼ 2017年7月号から)

7/7(金)18:30 浜離宮朝日ホール
問:コンサートイマジン03-3235-3777
http://www.concert.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]