日下紗矢子 ヴァイオリンの地平 3 ドイツ・ロマン派 日下紗矢子(ヴァイオリン) × ミヒャエル・ゲース(ピアノ)

潤い豊かなロマン主義の息吹を伝える

 ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団と読売日本交響楽団でコンサートマスターを務め、ソロと室内楽でも活躍を続ける日下紗矢子。トッパンホールでは〈日下紗矢子 ヴァイオリンの地平〉と題したシリーズを開いてきた。
 今回、その第3回として掲げられたテーマは「ドイツ・ロマン派」。メンデルスゾーン「ヴァイオリン・ソナタ ヘ長調」、クララ・シューマン「3つのロマンス op.22」、レーガー「無伴奏ヴァイオリン・ソナタより第3楽章『シャコンヌ』」、ブラームス「ヴァイオリン・ソナタ第1番『雨の歌』」という選曲が興味深い。シューマンの盟友であったメンデルスゾーン、シューマンの妻クララ、夫妻を敬愛したブラームス、そしてブラームスの伝統を受け継いだレーガーという、シューマンを補助線に結ばれた4人の作曲家が並ぶ。
 ミヒャエル・ゲースのピアノとともに、潤い豊かなロマン主義の息吹を伝えてくれることだろう。
文:飯尾洋一
(ぶらあぼ 2017年7月号から)

7/22(土)17:00 トッパンホール
問:トッパンホールチケットセンター03-5840-2222
http://www.toppanhall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]