デンハーグピアノ五重奏団

古楽のユニークな編成で楽しむ名曲の数々

 2011年にオランダで開かれた第16回ファン・ワセナール国際古楽アンサンブルコンクールを制した実力派アンサンブル「デンハーグピアノ五重奏団」が、シューベルトの「ます」をはじめ、オリジナル楽器の響きを堪能できる名曲を集めた、魅力的なステージを開く。
 欧州の一線アンサンブルなどで活躍中の小川加恵(フォルテピアノ)、バディアロヴァ・朋絵(ヴァイオリン)、朝吹園子(ヴィオラ)、山本徹(チェロ)、角谷朋紀(コントラバス)と、オランダのデン・ハーグ王立音楽院に学んだ奏者を核に結成。この編成は世界的にも珍しく、実力も高く評価されて、世界の古楽祭からの招請も多い。
 今回は、インスブルックの名工ヨハン・ゲオルク・グレーバーのフォルテピアノ(1820年頃)や18世紀ウィーンのコントラバス(レプリカ)をはじめ、独特の音色を持つオリジナル楽器を使用。「ます」の第4楽章をはじめ、この編成のための作品はもちろん、ベートーヴェンのソナタ「月光」第1楽章やショパンのノクターン(op.9-2)ほか、ピアノ作品も五重奏版で披露する。
文:笹田和人
(ぶらあぼ 2017年2月号から)

リリア・ワンコイン・コンサート 2/8(水)19:00 川口リリアホール
問:リリア・チケットセンター048-254-9900
http://www.lilia.or.jp/
ウィークデーコンサートシリーズ 第45回 2/9(木)11:30 フィリアホール
問:フィリアホールチケットセンター045-982-9999
http://www.philiahall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]