千住真理子(ヴァイオリン) & スーク室内オーケストラ

弦の美音に浸る喜び

 名ヴァイオリニスト千住真理子が、厚い信頼を寄せるスーク室内オーケストラとともにヴィヴァルディの「四季」他を奏でる。
 2015年にデビュー40周年の節目を迎え、リサイタルにレコーディングにと多彩な活動が続く千住真理子。長年共演してきたスーク室内オーケストラとの共演は、「言葉を越えた魂の語らい」だという。
 プログラムには、そんな音楽を通じた親密な対話を堪能できるであろう名曲が並ぶ。四季折々の風物詩を描写したヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲集「四季」に加えて、バッハ「2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調」(マルティン・コスとの共演)、モーツァルト「アダージョ K.261」と「アレルヤ」、カッチーニ「アヴェ・マリア」で、ヴァイオリン・ソロを披露する。「すっかり身体の一部になってきた」という名器、ストラディヴァリウス「デュランティ」の美音にたっぷりと浸れるのも魅力。
 スーク室内オーケストラはチェコの作曲家ヨセフ・スークにちなんで、その生誕100周年となる1974年に設立された楽団である。2000年までは作曲家の孫にあたる同姓同名のヴァイオリニスト、ヨセフ・スークが芸術監督を務めていた。現在の芸術監督はコンサートマスターのマルティン・コス。バロックから現代作品まで幅広いレパートリーを誇り、レコーディング活動も活発に行っている。グリーグ「ホルベアの時代から」で、その精妙なアンサンブルを楽しめるだろう。
文:飯尾洋一
(ぶらあぼ 2017年1月号から)

2017.2/15(水)19:00 東京オペラシティ コンサートホール
問:ジャパン・アーツぴあ03-5774-3040
http://www.japanarts.co.jp/

他公演 2017.2/10(金)長崎ブリックホール(KTN事業部095-827-3400)、2/12(日)ザ・シンフォニーホール(ABCチケットインフォメーション06-6453-6000)、2/14(火)横浜みなとみらいホール(神奈川芸術協会045-453-5080)、2/18(土)かつしかシンフォニーヒルズ(03-5670-2233)、2/19(日)富山/砺波市文化会館(0763-33-5515)

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]