B→C 依田真宣(ヴァイオリン)

バッハへの敬愛をこめた渾身の挑戦

©Michiharu Okubo

©Michiharu Okubo

 
 2017年最初の「B→C」は、東京フィルのコンサートマスター、依田真宣。1985年生まれの彼は、東京芸大を経てソリストやゲスト・コンマスとして活動し、2015年4月から現職にある。
 まず基本の“B=バッハ”は無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番。「シェリングの演奏に衝撃を受け、バッハという作曲家が自分の中でとても大切な存在になった」と語る、原点ともいうべき作品だ。当シリーズには入りにくいロマン派=メンデルスゾーンのソナタの選曲も特徴的。これは「バッハと同じ位大切な作曲家。不思議な魅力と人間への愛が沢山含まれている」がゆえに選ばれた。“C=コンテンポラリー”は、シュニトケ、ファジル・サイ、池辺晋一郎の作品。中でもサイには「大好きな音楽家で、作品も本当に魅力的」と心を寄せる。同曲と池辺の無伴奏の難曲も要注目だ。「バッハへ共感している作曲家と、自分自身の彼らへの共感度の強さ」を視点に組まれたこのプログラムは、「今の自分の音楽を全て出せる選曲」と力も入る。
 ピアノはベテランの山田武彦。東京フィルの明日を担う精鋭の真摯かつ意欲的なステージにぜひ触れたい。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ 2017年1月号から)

2017.1/17(火)19:00
東京オペラシティ リサイタルホール
問:東京オペラシティチケットセンター03-5353-9999
http://www.operacity.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]