第456回 日経ミューズサロン ハンスイェルク・シェレンベルガー(オーボエ)と仲間たち

オーボエ四重奏の極意に触れる一夜

ハンスイェルク・シェレンベルガー ©Gerhard Winkler

ハンスイェルク・シェレンベルガー ©Gerhard Winkler

 ベルリン・フィル首席として名を馳せ、現在も“世界最高のオーボイスト”として君臨する一方、近年は指揮者としても、卓越した手腕を発揮しているハンスイェルク・シェレンベルガー。選りすぐりの名手を結集して、日経ミューズサロンのステージでオーボエ四重奏の極意を披露する。共演には、ニューヨークを拠点に国際的に活躍するヴァイオリニスト松山冴花、フィラデルフィア管で活躍した名ヴィオリストのクリスティアン・オイラー。そして、1991年に難関ジュネーヴ国際コンクールを制し、ミュンヘン音大教授を務めるチェリストのウェン=シン・ヤンという豪華な顔ぶれだ。
 ステージでは、まず、この編成のために書かれた作品の中でも、“王道の名曲”ともいうべきモーツァルトのオーボエ四重奏曲を披露。そして、若書きながら、名品として知られるブリテンの「幻想曲」を。さらに、本来は弦楽四重奏のためのハイドン「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」を、オーボエ四重奏版による一味違った響きで聴かせる。
文:笹田和人
(ぶらあぼ 2016年12月号から)

2017.1/20(金)18:30 日経ホール
問:日経ミューズサロン事務局03-3943-7066
http://www.nikkei-hall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]