C/Ompany 談スシリーズ vol.2 『忘れろ/ボレロ』

ラヴェルの名曲で魅せる男たちの異色ステージ

©Matron

©Matron

 異色男性ダンスユニット「C/Ompany」が、この秋待望の新作『忘れろ/ボレロ』を発表。モーリス・ラヴェルの名曲であり、バレエ作品でも広く知られる大曲『ボレロ』を3部構成でみせるという新たな試みに挑む。
 大植真太郎を中心に2008年に活動をスタートした「C/Ompany」。海外のカンパニーでキャリアを積んだ大植と柳本雅寛に、先日「トヨタ コレオグラフィーアワード 2016」で次代を担う振付家賞(大賞)およびオーディエンス賞に輝いた平原慎太郎と、メンバーはいずれもダンサー・振付家として活躍を続ける実力派揃い。代表作『談ス』ではその確かな身体能力を下敷きに、無邪気に戯れる男たちの様子をダイナミックかつユーモアたっぷりに表現。荒唐無稽な展開で観客を笑いの渦に巻き込み、独自の世界観を築き上げてきた。『談ス』シリーズ第2弾となる今回は、シルク・ドゥ・ソレイユのワールドツアー出演経験を持つ辻本知彦が加わり益々パワーアップ。遊び心と茶目っ気をふんだんに散りばめた、異色のステージを繰り広げる。
文:小野寺悦子
(ぶらあぼ 2016年11月号から)

11/10(木)〜11/12(土)
DDD AOYAMA クロスシアター
問:サンライズプロモーション東京0570-00-3337 
http://www.cslashompany.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]