石田組(弦楽アンサンブル)

これがオトコのユニットだ!

 以前、指揮者の現田茂夫に取材した際、「自分の神奈川フィル常任指揮者(現在は名誉指揮者)としての一番の仕事は、コンサートマスターに石田泰尚を連れてきたことだ」と冗談ぽく語っていた。もちろん現田はそれだけではない数々の成果をオーケストラにもたらしたが、それを成し遂げるためにも石田の存在が大きかったことは確かだろう。
 繊細に大胆に、身体全体でオーケストラをリードしていく姿からは、彼の音楽への愛をひしひし感じる。その石田泰尚がプロデュースする男性だけの弦楽アンサンブルが「石田組」。かつては男だけのオーケストラも国内外に少なからず存在したが、それを「硬派」「男くささ」とキャラクターづけしたところが、クラシック音楽の演奏家としては異彩を放つ個性的なファッションを身にまとう石田らしいところだろう。
 チャイコフスキーやバルトークといったクラシックの名曲から、ピアソラや映画音楽、さらにはレッド・ツェッペリンやディープ・パープルまで、さまざまな層の聴衆が身構えることなく楽しめそうな、多彩かつエンタテインメント性があふれるプログラムが用意されている。メンバーは以下のとおり。(ヴァイオリン)石田泰尚、執行恒宏、丹羽洋輔、岩村聡弘、村井俊朗、鈴木浩司、(ヴィオラ)鈴木康浩、冨田大輔、鈴村大樹、(チェロ)金子鈴太郎、辻本玲、田草川亮太、(コントラバス)米長幸一。喧嘩上等ならぬ演奏上等。石田組参上!
文:宮本 明
(ぶらあぼ 2016年10月号から)

10/22(土)15:00 横浜みなとみらいホール
問:横浜みなとみらいホールチケットセンター045-682-2000
http://www.yaf.or.jp/mmh

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]