【出演者変更】ノット&東響 モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》(演奏会形式)

 

【出演者変更】
フェルランド役のショーン・マゼイが、体調不良のため4週間の休養を要するとの医師の診断をうけ、来日を断念。代わって、アレック・シュレイダーが出演。
また、フィオルディリージ役のミア・パーションが、急病のため、来日を断念。代わって、ヴィクトリヤ・カミンスカイテが急きょ来日し、出演します。
詳細は、下記、ミューザ川崎特設サイトをご確認ください。 https://www.kawasaki-sym-hall.jp/cosi/

2014年4月から東京交響楽団の音楽監督を務めるジョナサン・ノットは、就任前の取材時にこう語っていた。「モーツァルトの『ダ・ポンテ3部作』を演奏会形式でやりたい」。ドイツの歌劇場でキャリアを開始した彼は、オペラにも造詣が深く、13年のルツェルン音楽祭では、《ニーベルングの指環》の全曲上演(演奏会形式)で話題を呼んでいる。今年12月、ミューザ川崎と東京芸術劇場で行う《コジ・ファン・トゥッテ》は、そんな彼の念願が叶った待望の上演だ。
 本公演にはいくつかポイントがある。まず東響にとってモーツァルトのオペラは、新国立劇場での経験と、名物企画「モーツァルト・マチネ」で培った演奏様式が融合する最上の演目であること。また演奏会形式によって、愉しくも緻密なアンサンブル・オペラ《コジ》の真価がより明確に表出されること。ノットも「一丸となって聴衆に向かい合い、巻き込みながら一緒にコンサートを作るという特別な体験」(チラシより)と語る。加えて、レチタティーヴォをノット自身がハンマークラヴィーアで演奏する点も見逃せない。そして舞台監修とドン・アルフォンソ役を、現代最高のバリトン歌手の一人、トーマス・アレンが務めるほか、歌手陣にも、ミア・パーション、マイテ・ボーモン、ヴァレンティナ・ファルカス、ショーン・マゼイ、マルクス・ウェルバと、ザルツブルク音楽祭やウィーン、METなどで活躍中の豪華な実力派が揃う。
 これは、持ち前の精緻さに立体感を加えて評価も高いノット&東響の、3シーズン目の進化を知ると同時に、演奏会形式での上演が意外に少ないモーツァルト・オペラを再発見する機会でもある。さあここで、傑作の真の愉しさを味わおう。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ + Danza inside 2016年7月号から)

12/9(金)18:30 ミューザ川崎シンフォニーホール
12/11(日)15:00 東京芸術劇場 コンサートホール
問:ミューザ川崎シンフォニーホール044-520-0200
  東京芸術劇場ボックスオフィス0570-010-296
https://www.kawasaki-sym-hall.jp
http://www.geigeki.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]