エイステイン・ボーツヴィック(テューバ)

テューバに限界はない!


 「彼はヴァイオリンで成し得ることをテューバでもやってみせた」と英国紙に賞された、同楽器の“世界唯一のソリスト”エイステイン・ボーツヴィックが、今夏マスタークラスとコンサートを行う。1966年ノルウェー生まれの彼は、シカゴ響の伝説的な奏者ジェイコブス等に師事。91年ジュネーヴ国際音楽コンクールで2つの賞を受賞後、スイス・ロマンド管やオスロ・フィルなどとの共演をはじめ、世界各地で活躍。2006年にはカーネギーホールにデビューした。活動はリサイタル、室内楽、協奏曲にとどまらず、ジャズやロックにも進出。40もの新作の委嘱・初演を行い、CDも多数リリースしている。またマスタークラスやクリニックも絶大な人気を誇り、ジュリアード音楽院などにも招かれている。
 今回は、オリジナル曲のほか、バッハの無伴奏チェロ組曲やピアソラの名曲など、動きが難儀なテューバで一体どう表現するのか? 興味津々の演目を披露。マスタークラスで極意を探り、コンサートで妙技を楽しむ…。これは楽器と人間の可能性を知る希少な機会だ。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ + Danza inside 2016年6月号から)

7/5(火)16:30 マスタークラス
19:00 コンサート
ルーテル市ヶ谷ホール
問:プロアルテムジケ03-3943-6677 
http://www.proarte.co.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 【残席わずか!】MMM講座「ハプスブルク帝国の威力を、美術、音楽、料理を通して知る」11/29(金)開催
      on 2019/11/22 at 04:45

      「ハプスブルク帝国の威力を、美術、音楽、料理を通して知る」をテーマに 音楽と美術とワインを楽しむ夕べを開催いたします! イベント概要 2019年10月19日(土)から 2020年1月26日(日)まで国立西洋美術館で開催されているハプスブルク展600年にわたる帝国コレクションの歴史」展(DNP協賛)。 今年は日本とオーストリアの国交樹立150周年記念の一年であったため、クリムトなどオーストリアの美術 [&#8230 […]