ぶらあぼ2016年5月号

【今月の表紙】
ウィーン国立歌劇場

《ナクソス島のアリアドネ》
10/25(火)19:00
10/28(金)15:00
10/30(日)15:00
東京文化会館
《ワルキューレ》
11/6(日)、11/9(水)、11/12(土)各日15:00
東京文化会館
《フィガロの結婚》
11/10(木)17:00、11/13(日)15:00、
11/15(火)15:00 神奈川県民ホール

世界最高峰、ウィーン国立歌劇場4年ぶりの来日公演。R.シュトラウス、ワーグナー、モーツァルトのドイツ・オペラの名作3本、M.ヤノフスキ、A.フィッシャー、R.ムーティという3人の強力な指揮者陣、そしてダルカンジェロ、シュテンメなど旬の歌手たちの出演となれば言うことなし。他の追随を許さぬ格調の高い舞台を観せてくれるのは必至、オペラファンならば必見・必聴だ!
※P.41掲載の紹介記事もぜひお読みください。

Pre-Stage=Prestige interview
24 一柳 慧(作曲/ピアノ)
26 斎藤雅広(ピアノ)
28 清水和音(ピアノ)

30 特集
  開幕直前おすすめガイド ラ・フォル・ジュルネ2016

BRAVO Tips
34 五嶋 龍(ヴァイオリン)
36 調布音楽祭2016
38 第21回 宮崎国際音楽祭

Pick Up interview
40 久石 譲(作曲/長野市芸術館芸術監督)
42 中村恵理(ソプラノ)
46 ディミトリー・コルチャック(テノール)
48 若尾圭介(オーボエ)
51 シャルル・リシャール=アムラン(ピアノ)
52 鈴木 学(ヴィオラ)
55 德川眞弓(ピアノ) & C.W.ニコル(スペシャル・ゲスト)
56 上原彩子(ピアノ)
58 山根一仁(ヴァイオリン)
60 奥村 愛(ヴァイオリン)
62 福原彰美(ピアノ)
66 原山智子(ピアノ)

101 コンサート・ギャラリー
149 5月の前売チケット 4月下旬〜5月末の発売情報
162 News & Topics
166 New Release Selection
174 国内盤&輸入盤新譜情報
179 BRAVO Bar Guide
180 TV&FM 5月のクラシック番組
182 Books
183 海外公演情報
192 ぶらPAL 読者のページ
194 5月の注目公演
196 5月のコンサート情報


【Danza今月の表紙】
ダレン・ジョンストン『ZERO POINT』

6/25(土)19:00、6/26(日)15:00 高知県立美術館ホール

高知県立美術館は1993年11月の開館以来、幅広いジャンルの展覧会を開催する他、併設するホールでダンス、演劇、コンサート等を上演。本作は、2011年から実施するアーティスト・イン・レジデンス事業の一環として、13年に招聘した振付家ダレン・ジョンストンが、滞在制作を経て約3年越しに完成させた。再生や儀式にまつわる東洋的思想に、量子力学の概念である「ゼロ・ポイント」への科学的、霊的な解釈に着想を得て創作、異なるジャンルのアートを融合させたマルチ・メディア・パフォーマンス作品。音楽はアンビエント・ミュージックの奇才ティム・ヘッカーが担当し、酒井はな、島地保武らが出演する。日英豪国際共同製作、世界初演。

Danza Pre-Stage=Prestige interview
250 近藤良平(コンドルズ主宰/振付家/ダンサー)

252 Catch Up
256 エッセイ 乗越たかお『誰も踊ってはならぬ』
257 Danza News
258 5月の前売チケット 4月下旬~5月末の発売情報
260 5月の公演情報

●いますぐ読む→

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]