アルカスSASEBO オリジナル「Mプロジェクト」

武満徹の音楽を多角的に見つめ直す

 アルカスSASEBOは、長崎県・佐世保駅にほど近い、2000席の大ホールと500席の中ホールを中核とする公共の文化施設。同ホールの新企画『Mプロジェクト』は、発信者のやる気を感じさせる意欲的な仕掛けが満載。1年間、複数の主催公演にまたがって、一人の作曲家に注目したプログラムを組む。初回の2016年度は、没後20年の武満徹がテーマ。各公演の“タケミツ”色は多彩で、個展もあれば、他の作曲家との音楽的関わりに着目したプログラムもあり、さまざまな視点から遠近法的に武満の音楽が浮かび上がる。
 5月はフルートの名手エマニュエル・パユとベルリン・フィル・メンバーの室内楽。パユが独奏曲「ヴォイス」を吹く。彼の師であるオーレル・ニコレに献呈された作品だ。7月は武満の映画音楽特集。奏者が豪華。coba(アコーディオン)、渡辺香津美(ギター)、鈴木大介(ギター)、ヤヒロトモヒロ(パーカッション)。武満ファンなら「おおっ」と唸る、カーネギーホールなどでも実績のあるセッションだ。9月にはおなじみ池辺晋一郎指揮のオーケストラ公演で「3つの映画音楽」が披露される。12月にはレジデントのアルカス・クァルテットが登場。武満の「ア・ウェイ・アローン」を軸に、彼の創作に影響を与えた作品を並べる。
文:宮本 明
(ぶらあぼ + Danza inside 2016年4月号から)

5/8(日)15:00 エマニュエル・パユ with フレンズ・オブ・ベルリン・フィル
7/2(土)19:00 武満徹 映画音楽の世界
9/22(木・祝)15:00 池辺晋一郎&N響団友オーケストラ*
12/3(土)15:00 アルカス・クァルテット 第6回定期演奏会
アルカスSASEBO 中ホール *9/22のみ 大ホール
問:アルカスSASEBO 0956-42-1111
http://www.arkas.or.jp
※各公演の発売日を含む詳細は上記ウェブサイトでご確認ください。

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]