キュウ・ウォン・ハン ロマンティック・バリトン・リサイタル

魅惑のヴェルヴェット・ヴォイス

©Yuji Hori

©Yuji Hori

 韓国・ソウル出身の「ロマンティック・バリトン」キュウ・ウォン・ハンの、東京では5年ぶりとなるリサイタルが開かれる。ニューヨークのマンハッタン音楽院で学び、1999年にサンフランシスコ・オペラの《ドン・ジョヴァンニ》(マゼット役)でデビュー。その後も同劇場やヨーロッパの劇場でキャリアを重ねてきた。母国では韓国国営放送の大河ドラマ「大王世宗」の主題歌を歌うなど国民的人気歌手のひとり。日本でも「サントリー 1万人の第九」など佐渡裕との共演を中心に活躍。2008年にエイベックス・クラシックスからデビューCD『この愛を〜イタリアを歌う』をリリースしている。
 韓国人歌手らしい力強いエネルギッシュな歌声はもちろん、やわらかなフレーズを歌うソフトなテクニックも併せ持つ。そのストレスのないなめらかな声はまさにヴェルヴェット・ヴォイス。惚れ惚れするような美しさだ。
 予定曲目は、《椿姫》より〈プロヴァンスの陸と海〉、《カルメン》より〈闘牛士の歌〉、シューマン「献呈」、ベートーヴェン「御身を愛す」、新井満「千の風になって」、いずみたく「見上げてごらん夜の星を」など。ドイツ歌曲からオペラ・アリア、そしてミュージカル・ナンバーから日本のスタンダード・ポップスまで、歌い手としてのキャパシティをたっぷり聴かせてくれそうだ。フランスを拠点にヨーロッパで活躍するソプラノ、齊藤純子が共演。ピアノは榎本潤。
文:宮本 明
(ぶらあぼ + Danza inside 2016年1月号から)

2016.2/5(金)19:00
浜離宮朝日ホール
問:クリスタル・アーツ03-6434-7997
http://www.crystalarts.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]