オーケストラ・サウンドと楽しむ ヴァイオリン珠玉の名曲選 前橋汀子(ヴァイオリン)

傑作・名曲のオンパレード!

前橋汀子©篠山紀信

前橋汀子©篠山紀信

 珠玉のヴァイオリン名曲選をオーケストラとともに楽しむコンサート。名曲コンサートは数多いが、これでもかとばかりに誰もが耳にしたことのある名曲かつ有名曲を揃え、しかもゴージャスなオーケストラ・サウンドで聴くことのできるコンサートは貴重だ。しかもそれが、活動50年を超えてなお第一線で活躍を続けるヴァイオリニストの前橋汀子のソロ、サポート能力にも長けた東京フィルハーモニー交響楽団(指揮は円光寺雅彦)の共演なのだから満足必至。
 プログラムは、メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」、エルガー「愛の挨拶」、モンティ「チャールダーシュ」、マスネ「タイスの瞑想曲」、サン=サーンス「序奏とロンド・カプリチオーソ」、そしてサラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」など、まさにヴァイオリンの傑作・名作のオンパレード。肩の力を抜いて楽しみたい。
文:宮本 明
(ぶらあぼ + Danza inside 2016年2月号から)

2/6(土)14:00 かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
問:かつしかシンフォニーヒルズ03-5670-2233
http://www.k-mil.gr.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]