F/T15 ギンタースドルファー/クラーセン『LOGOBI 06』

ふたりの男が対峙する一期一会のステージ

Photo:Knut Klaßen

Photo:Knut Klaßen

 “LOGOBI(ロゴビ)”とは、1980年代にコートジボワールで誕生したダンススタイル。屈強な男たちが互いを挑発するため繰り広げていた技の対決にはじまり、子供や女性も踊る日常の娯楽へと昇華され、昨今ではフランスを中心にヨーロッパのダンスシーンにおけるひとつのジャンルとして確立している。
 本作『LOGOBI』シリーズは、ドイツを拠点に活動するクリエイティブ集団ギンタースドルファー/クラーセンによるダンスプロジェクト。舞台上にはふたりのダンサーが登場し、会話を交えてのコラボレーションを繰り広げていく。最新作『LOGOBI 06』には、2009年よりシリーズのメインキャストを務めてきたコートジボワール出身のダンサー、フランク・エドモンド・ヤオ、そして日本人ダンサーのイスマエラ 石井丈雄が出演。フランク・エドモンド・ヤオは、振付家、ダンサー、パフォーマー、歌手など幅広く活躍する多彩な才能の持ち主。一方、今回パートナーとして迎えられたイスマエラ 石井丈雄は、セネガルのサバールダンス、舞踏、コンテンポラリー、ヒップホップをはじめ、ジャンルを超えて独自のダンススタイルを展開するアーティスト。現在はフランスを拠点に、フランス国内やブリュッセル、ベルリンなどで活動を続けている。
 キャストは、公演の約一週間前より稽古を行うものの、そこで動きが決められることはない。あくまでもステージは即興的に行われ、よって公演ごとに異なるパフォーマンスを披露することになる。ふたつの文化と身体性が、舞台上で交錯した先にあるものとは…。一夜ごとに生み出される、新たなステージに注目したい。
文:小野寺悦子
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年11月号から)

11/26(木)〜11/29(日) アサヒ・アートスクエア
問:F/Tチケットセンター03-5961-5209 
http://www.festival-tokyo.jp