オルガン クリスマス・コンサート 「聖夜の贈り物」

オルガンと金管が醸す敬虔にして華麗なる響き

川越聡子

川越聡子

 最高のクリスマス・プレゼントになるだろう。神奈川県民ホール小ホールは、40年前、日本の公共ホールとして初めてパイプオルガンを設置した。東京芸術劇場副オルガニストを務める川越聡子が弾く、この名器(ドイツのヨハネス・クライス社製)と、読売日本交響楽団首席の日橋辰朗(ホルン)をはじめ、安藤友樹(トランペット)、辻本憲一(同)、新田幹男(トロンボーン)、佐藤和彦(テューバ)という名手による金管五重奏の競演が楽しめるのが、『オルガン クリスマス・コンサート 聖夜の贈り物』だ。
 まずは、オルガン・ソロによるバッハ「前奏曲とフーガハ長調」(BWV547)と、メシアン「神はわれらのうちに」で厳かに幕開け。続いて、金管五重奏の輝かしい音色を伴い、ギルマン「交響的断章」やカーナウ「ファンファーレとフローリッシュ」、リンドベルイ「ダーラナの古い牧舎の讃美歌」を披露。クリスマス・キャロルのメドレーに至っては、祝祭的な気分が一気に頂点へ。この贅沢な時間、大切な人と分かち合いたい。
文:笹田和人
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年12月号から)

12/23(水・祝)15:00 神奈川県民ホール(小)
問:チケットかながわ0570-015-415
http://www.kanagawa-arts.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]