青柳 晋(ピアノ)

10回目の今年は、リスト自身が主役です


 青柳晋による自主企画リサイタル『リストのいる部屋』が、今年で10回目を迎える。このシリーズは、「多面的で包容力のある音楽家」として青柳が敬愛するリストがホスト役となり、その彼の“部屋”にゲスト作曲家が訪れるというコンセプトで進められ、ヤナーチェク、ブラームス、ドビュッシーなど多彩なゲストたちが登場してきた。節目となる今年は、「原点に立ち返り、リスト自身にスポットを当てることにした」という。
「私が初めてリスト作品に焦点を当ててリサイタルを開いたのは1999年。今回は当時のプログラムを再構成する形で選曲しました。前半は『詩的で宗教的な調べ』から〈祈り〉〈孤独の中の神の祝福〉〈パレストリーナによるミゼレーレ〉を演奏します。中心となるのは〈孤独の中の神の祝福〉。全10曲からなるこの作品の3分の1を占める長大な曲です。続く『バラード』第2番は、地獄と天国を表す2つのテーマが絡み合う作品。最後の2分間で、地獄のテーマが明るく開花します。ピアニストでよかった! と感動する瞬間ですね」
 ピアノを通じてリストの音楽を伝える青柳だが、その弾き姿は音楽する喜びに溢れ、指揮者の身振りのようにも見える。楽器という“ハードウェア”を忘れさせるほどだ。
「ハードを感じさせない演奏は、アーティストとして理想とするところですね。以前、スケートの髙橋大輔さんの素晴らしい演技を観た時、冷たく硬質なアイスリンクの質感を忘れました。私も88鍵を超えた、より大きな概念と繋がりたいです」
 99年のリサイタルでは、後半にムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」を取り上げた。今回もあらためてこの大曲に向き合う。
「学生時代の恩師が、『チャイコフスキーの音楽はトルストイの文学に通じ、ムソルグスキーの音楽はドストエフスキーの文学に通じる』とおっしゃったのが印象に残っています。つまり、ムソルグスキーには重さや濁りがあるのです。『展覧会の絵』のモデルとなった画家ハルトマンの絵にも暗さがありますね。ハーモニーを混ぜ合わせるペダル使いなどで、特有の陰りを表現したいです」
 過去9回の「部屋」の中で、とりわけ震災のあった2011年の回では「一音一音に自然と想いが籠った」と語る。「今後もリストと他の作曲家のコラボレーションは続きます。その一通過点として、今年は10回目としてのマイルストーンを置くことができたらと思います」
取材・文:飯田有抄
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年12月号から)

自主企画リサイタルシリーズ リストのいる部屋 Vol.10
青柳 晋 ピアノ・リサイタル
12/22(火)19:00 浜離宮朝日ホール
問:ジェスク音楽文化振興会03-3499-4530
http://www.jesc-music.org

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]