中丸三千繪(ソプラノ) STARRY CHRISTMAS ⅩⅢ

聖夜に響く煌めきの歌声

 「マリア・カラス・コンクール」唯一の日本人優勝者として注目を集めて以来、25年にわたって国際的な活躍を続けている人気ソプラノ、中丸三千繪。「年末の慌ただしさを少しだけ忘れて、素敵なクリスマスの一夜を…」という彼女の願いから始まったこの「STARRY CHRISTMAS」も今年で13回目。「日本クロアチア音楽協会」の代表を務め、同国の作曲家による作品の普及活動にも熱心な人気ピアニスト、安達朋博との息の合った共演もすっかりお馴染みとなり、シューベルト〜カッチーニ〜マスカーニと続く「アヴェ・マリア」尽くしなど、聖夜にふさわしいプログラムも魅力。そして、スペシャル・ゲストにNHK交響楽団の名物コンサートマスターである篠崎史紀。ステラ・オーケストラのゲスト・コンサートマスターを務める。“まろ”の愛称でN響の顔として絶大な信頼を誇る彼が華を添える。もちろん、クリスマスを舞台にした《ラ・ボエーム》や《トスカ》からのオペラ・アリアも披露。ぜひ、大切な方と!
文:東端哲也
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年12月号から)

12/12(土)19:00 サントリーホール
問:アスペン03-5467-0081
http://www.aspen.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • プッチーニ《蝶々夫人》 | 岸純信のオペラ名作早わかり 〜新時代のオペラ作品ガイド 第3回 
      on 2019/08/18 at 22:30

      text:岸 純信(オペラ研究家) 【あらすじ】 明治期の長崎を舞台に、大和撫子の蝶々さんが米国海軍士官のピンカートンと結ばれるが、帰国した夫はアメリカ人と結婚。彼を待ち続けた蝶々さんは、軍艦が戻ってきたその日、子どもも手放すよう言われて「抗議の死」を選ぶという悲劇の物語。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 《蝶々夫人 Madama Butterfly》は、日本人に「日本の美学を改 [&#8230 […]