アルトゥール & ルーカス・ユッセン兄弟(ピアノ)

“美しき兄弟”が繰り広げる華麗な一夜

©Peter van der Heyden

©Peter van der Heyden

 2年振りに、あの美しい兄弟がやってくる! ユッセン兄弟は、オランダで高い人気を誇るピアニスト。兄ルーカス(1993生)と弟アルトゥール(1996生)は、少年時代からピリスの“秘蔵っ子”として注目され、現在では国内外でオーケストラとの共演も増えている。彼らのリサイタルは、連弾・2台ピアノ・ソロという3つの演奏形態で披露されるのが特徴だ。
 10月のすみだトリフォニーホールでのコンサートは、前半でドイツとウィーン、後半でフランスの香りを届ける。ベートーヴェンの連弾のためのソナタop.6で華やかに幕を開け、モーツァルトの変奏曲K.573、シューベルトのソナタ第13番でソロを披露した後、再び連弾でシューベルトの大曲「2つの性格的な行進曲」を聴かせる。後半はショパンのノクターンと幻想ポロネーズのソロに続き、最後は2台ピアノによるラヴェルの「ラ・ヴァルス」で豪華に締めくくる。成長著しいユッセン兄弟の“今”を感じたい。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年9月号から)

10/24(土)18:00 すみだトリフォニーホール
問:トリフォニーホールチケットセンター03-5608-1212
http://www.triphony.com