トリフォニーホール・ジュニア・オーケストラ 夏休みオーケストラコンサート

気軽に楽しめるコンサートの決定版!


 トリフォニーホール・ジュニア・オーケストラと松尾葉子・音楽監督がおくる『夏休みオーケストラコンサート』は、誰もがどこかで聴いたことのあるメロディーが詰まった“音の花束”だ。すみだトリフォニーホールを拠点として、2005年に弦楽合奏団として発足した同オーケストラは、2年後からフル編成の管弦楽団となり、小学生から高校生までの子供たちが、年2回のステージに向けて、腕を磨いている。今回は、松尾の指揮にトークを交えて、ムソルグスキー「禿山の一夜」や、井上バレエ団との共演で「くるみ割り人形」から〈花のワルツ〉ほかチャイコフスキーの三大バレエ曲からの名旋律、バーンスタイン「ウエスト・サイド物語」などを披露する。さらに、この公演に先立って行われる『ようこそ! 誰でもコンサート』は、立ち上がっての鑑賞(!)も可能なステージ。小さな子供たちや障がいのある人など、コンサートホールに行く機会の少ない人たちを対象に、素敵な旋律をたっぷりとプレゼントしてくれる。
文:笹田和人
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年8月号から)

ようこそ! 誰でもコンサート 8/4(火)10:30
夏休みオーケストラコンサート 8/4(火)15:00 
すみだトリフォニーホール
問:トリフォニーホールチケットセンター03-5608-1212
http://www.triphony.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]