読響サマーフェスティバル2015 三大協奏曲

話題の個性派が閃光を放つ、名協奏曲の熱き競演

 8月に見過ごせないのが、恒例の読響『三大協奏曲』。なぜなら今年のソリスト陣が、話題性抜群の注目株揃いだからだ。
 メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を弾くのは、1999年生まれの服部百音(もね)。10歳から数々の国際コンクールで優勝している彼女は、今年15歳でアシュケナージ指揮のEUユース管と共演した。これは演奏に感心したアシュケナージの招きによるもの。彼女は、イタリアで聴衆と楽団員全員の大喝采を浴び、スイスではスタンディング・オベーションを巻き起こした。メンデルスゾーンはその際の演目ゆえ、ここでぜひ生演奏に触れたい。
 ドヴォルザークのチェロ協奏曲を弾くのは、87年デンマーク生まれのアンドレアス・ブランテリド。14歳で協奏曲デビューを果たした彼は、既にウィーン響やバーミンガム市響など多数の一流オーケストラと共演し、ムジークフェライン、カーネギー・ホールなどでリサイタルを開催。CDもリリースしている。こちらは一線級のキャリアを誇るだけに、その個性をじっくりと味わいたい。
 そしてチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を弾くのがHJリム。韓国生まれの彼女は、You Tubeを発端に世界で旋風を巻き起こしている超個性派。パリ音楽院を首席卒業後、EMIと契約し、CDデビューとしては異例のベートーヴェンのソナタ全集で、さらに脚光を浴びた。日本でも皆を仰天させた彼女は、チャイコフスキーも弾いてはいるが、奔放でライヴ感満点だけに今度はどうなるのか? 実に楽しみだ。
 バックは下野竜也指揮の読響だから超安心。あとは3人の妙技に興味深く浸ればいい。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年7月号から)

8/21(金)18:30 東京芸術劇場 コンサートホール
問:読響チケットセンター0570-00-4390
http://yomikyo.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]